金貨と購入方法について

金貨と購入方法と種類について

金貨の取り扱いについて

17年10月12日

未分類

金貨の取り扱いについて はコメントを受け付けていません。


保存状態資産価値と言う観点から、買い取りの際に高額評価を受けるための取り扱い方法ですが、まずは保存状態があります。もし未開封の状態であればケース等が汚れていても開封しない方がよいです。たとえケースが汚れていても未開封の方が高い評価を受けられます。

既に開封している金貨の場合には金貨が汚れていることもあり得ます。しかし、安易に磨いたり、触ったりするのは避けてください。純度の高い金は思いのほか柔らかい物質なので、少しの接触や小さな衝撃で傷ついたり変形したりしてしまいます。そうすると、プレミアム価値が失われ、金地金のみの価値に減少してしまいます。

たとえ古銭であったとしても手入れや洗浄はしない方が無難です。古いコインは手入れせずにそのまま保管し、錆や黒ずみは擦ったり洗浄したりしないのが基本です。古銭の種類にかかわらず共通のお手入れや洗浄方法は存在しません。多くの場合、汚れたままの方が古物商などの間では高値で取引されています。

また古銭の場合、当時の製錬技術の純度により、不純物の影響を受ける場合があり、水や洗剤等の洗浄方法では化学反応を起こしてコインが変色、変質するリスクがあります。結論的には、たとえ汚れていても手入れや洗浄はせずにそのまま保管した方が良いと言えます。